再訪月江寺ちょっとおとな編

先の週末、ほぼ一年ぶりに富士吉田の月江寺界隈を訪ねました。
居心地が良すぎるカフェ・月光さんで長居が過ぎ
時間が押して街巡りは駆け足で。
今回は去年歩いた月江寺商店街のひとつ南の通りがターゲット。

c0131206_1383475.jpg















c0131206_1391934.jpg














メイン・ストリートでいきなり遭遇して肝を冷やした洋品店。
何も申し上げることはございません。
物憂い視線と神経の行き届いた指先が多くを語っています。


c0131206_1495675.jpg















c0131206_1513462.jpg















c0131206_1542437.jpg















c0131206_203883.jpg














だんだんに深みと凄みを増していく町並みに浮き足立って来た頃合いを
見計ったように出現したのがこのお店。
ここまで衝撃的な店名、看板を他に知らない。
”愛人”のドアを開けて八代亜紀が「いらっしゃい」って微笑んだら..
とても生きてN市の地は踏めそうにない。
ヒッチコックの”鳥”さながらに配偶者の手をとって車まで一目散。
事無きを得て胸を撫で下ろす富士五湖道路への道すがら
さらにこんな物件を発見しちゃった。

c0131206_2113313.jpg














ゲ・ボ・イ・テ...?
見間違いかと引き返してみたがやっぱりゲボイテ。
なんだ逆さに読むのかと右から読んだらテイゲ... もっと変。
とんでもない看板と謎を背負ったまま帰れない。

c0131206_224215.jpg














この重い荷物どこへ降ろしたものかとカフェ・Cremaさんへ。
気持ちよく全部引き受けてくれました。
お土産まで貰って大満足。

三日間あらゆる角度からゲボイテを考えぬいたあげく
先刻天啓を得て謎が氷解いたしました。

ゲ・月江寺の”愛人”に
ボ・ボトルを入れてあるんだぜ
イ・いっしょに行こうって
テ・手ぇ握るあんた
[PR]
by miracle-mule | 2009-07-08 02:33 | 街のバロック
<< grow books 新着案内/調べが和んで >>