grow books

grow booksって個人でやってる本屋さんが隣町にあるらしい。
ネットで見つけたつれあいが、休みになったら連れて行けと言うので早速行ってみた。

c0131206_22264660.jpg















c0131206_22272855.jpg















c0131206_22283347.jpg














絵本も文芸もビジュアルな本もコミックスも徹底して
店主さんの眼鏡にかなったものに絞り込まれているようで壮快。
渡辺淳一も東野圭吾も週刊新潮もCan Canもない。
女性自身もSmartもない。
品揃えの体脂肪が極めて少ない。
そのかわりケルアックがある。バロウズがある。
酒井駒子がある。クラフト・エヴィング商会がある。たっぷりある。

c0131206_2246776.jpg















極めつけはセレクトされた雑誌の数々。
Studio Voice、kuːnel、ブルータス、ミュージック・マガジン、coyoteなどなど
当該の月号だけでなくバックナンバーまでが新刊でずらりと並んでいる図は圧巻です。
今どきこんなに志高く勇気のある書店があることがもううれしくてならない。
ブログはこちら
もしくはリンクからどうぞ。
[PR]
by miracle-mule | 2009-07-11 23:04 | day after day
<< ロッドとフェイシズの初来日公演... 再訪月江寺ちょっとおとな編 >>