ブレル・マニア

c0131206_13565943.jpg
ベルギー出身のシャンソン歌手というよりシンガー・ソングライター
ジャック・ブレルには”行かないで””そよ風のバラード””マチルダ””ジョジョ”など
名曲がざくざくあるけれど
ついているファン=ブレル・マニアたちがまた凄い。

アムステルダム
ブレルをはじめて知ったのはボウイのシングル”愛の哀しみ”のこのB面だった。
12弦ギターが印象的なこのテイクはボウイの数多い名唱の中でも飛び抜けて魅力的。
”マイ・デス”も採り上げていてこれまたとても..

ジャッキー
世代的にボウイ’ズ・チルドレンにあたるマーク・アーモンドも
ブレルのカヴァー・アルバムまで出した熱心なファン。
こういうアプローチもありなのねと驚かされる。

行かないで
真打ちは最近ボウイのプロデュースした映画”30世紀の男”で話題再燃のスコット・ウォーカー。
アイドルとして絶大な人気を博していた67年(日本ではルック・チョコレートのポスターがもの凄い人気)
大事なソロデビュー作で三曲ものブレル作品を採り上げ
その後”シングス・ジャック・ブレル”なるアルバムまで作っている。
ボウイはこのひと経由でブレルに辿り着いたのかもしれない。
デビューの頃のボウイ、当時のスコットそっくりさんだし。
朗々とした歌いぶりが時代の好みとずれてしまったのか
表舞台から姿を消して久しいスコットだけれど
成した仕事に相応しい評価がされるよう望みます。
c0131206_13243540.jpg

[PR]
by miracle-mule | 2009-11-28 13:25 | ノート
<< 判官びいき 新着案内/音楽の囚われ人 >>