「トモダチ」は怖い

アメリカの暴力装置であればビンラディンを謀殺、暗殺することはありうることだとは思うけれども
その報を受けて星条旗を打ち振ってUSAを連呼する市民の神経がわからない。
殺したいほど憎んでいる相手であってもその命が絶たれたときに人はそんなに喜べるものなのだろうか。
さらにその喜びをあんなに素直に爆発させてもいいものなのだろうか。
グローバリズムの時代ではあるけれどああいうもの(「吊るしちまえ」的世界観)がワールド・スタンダードになる事態だけは勘弁してほしい。
[PR]
by miracle-mule | 2011-05-03 17:51 | day after day
<< 出張カフェ〜一杯の珈琲から 報告3 >>