第一回 輝け!miracle-mule ミュージック・アウォーズ

あっという間に冬至も過ぎ去って今年もあと僅かとなりました。
レコード大賞では細野さんが最優秀アルバム賞だという話で番組のトップで生出演までなさるとか。
時代は変わったなあ。
ということでmiracle-muleでも本年発売のベストファイヴを選んでみました。
半端な数字になったのは今年発売になった新譜を十枚以上買ったかどうかあやしいから。
ものすごく少ない枚数の中から厳選されたまるで権威のないアウォードです。



一位)Joe Henry / Reverie
とても良さそうなんだけどいまひとつピンと来なくてどこかポイントを聴き逃しているはず、と聴き続けていたらどこがポイントかも解らぬまま中毒になってしまった。

二位)Tom Waits / Bad as Me
ノイズもぺろりと飲み込んだ久々にぐっと来るトム・ウェイツのロック・アルバム。
胃袋がでかくて丈夫。

三位)James Blake / James Blake
気持ち良さと悪さの境い目の渦に巻き込まれる不安と恍惚。

四位)David Lynch / Crazy Crown Time
気持ち良さと悪さの境い目でダンス、ダンス、ダンス。

五位)Calendula / naomi & goro & 菊地成孔
ボサの不気味な美しさをさらりと聴かせるは菊地凄い。
今度は是非坂本のピアノとデュオでお願いします。

次点)Raphael Saadiq /Stone Rollin'

一服の清涼剤。今年一番のパーティ・ミュージック。

特別賞
The Beach Boys / Smile
ロック黎明期に生まれてかけその40数年後にやっと生まれたポスト・ロック。

うーん。
輝けといいながら不気味さが勝ち気味であんまり輝かなかったかなあ、第一回。

今年もお世話になりました。
来年は五日スタートになります。
良いお年をお迎え下さい。
ではでは。
[PR]
by miracle-mule | 2011-12-29 00:04 | ノート
<< 街の灯り 菊地一等賞! >>