ロッド・マキューンを好きになった、のじゃが



昔はロッド・マッケンと表記されていましたが
最近はマキューンで定着したみたい。
ジャック・ブレルのカヴァー、英訳が名高い
というか本邦においてはそこでしか評価されていない
といった印象のロッド・マキューンだが
今あらためて聴くと胸に滲みる本当によい声をしているし
インテリジェンスに満ちた男ぶりの様子よいことといったらない。
swallow ブログ で再会して惚れました。
ファンになるのが30年何年遅れたのはマイルスの場合と同じだが
マイルスと違ってまともな値段で買えるCDはごくわずか。
せめて10年まえに気づいていればとまた悔やまれる。
わしのアンテナ、まっこと鈍い。
[PR]
by miracle-mule | 2012-05-05 03:25 | ノート
<< マーゴ 電化マイルスが好き、なのだけれども >>