反復好き



シンプルなモチーフが寄せる波のように幾度も幾度も反復して
曲の律動とはまた別な大きなリズムを作り出す。
波と波のあわいに物語とも言えないような
景色や心象の描写が現れては消えて行く。



MD"So What"といい
ハンコック"Maiden Voyage"といい同じ反復といっても
ミニマルの酩酊ともファンクの陶酔とも異なる
抑制された静かな高揚のようなものがあり
それがとても2010年代(でなければ五十代)の気分にフィットする。
構造だけ見れば小津映画もやはりこんな感じ。
c0131206_1411895.jpg

その最新モデルがアルバムの穏やかな流れに打たれた楔のように
置かれた二曲目の"Five Steps"と七曲目"Beaches"。
You Tube にないようなのでここでさわりだけ
伊藤ゴローのソロ第二作"Glashaus"。
ヘッドフォンのボリュームを上げて
音の隅々に耳を澄ませる。
無人の海面にしんしんと降る雪のような
圧倒的な静寂がやって来る。
[PR]
by miracle-mule | 2012-06-04 01:56 | ノート
<< weekend books イ... マーゴ >>