oh NO!



原発再稼働の強行とオスプレイ配備の押しつけと市場原理主義。
この三題噺の真ん中にいるのは野田政権、中央官僚、大手新聞
といった使いっ走りではなくて
当然親分のアメリカですね。
この国は形の上ではともかく中味は独立国じゃなくてアメリカの属国だから
どんな無理でもゴリ押しでも呑むしかない。
だから原発やオスプレイ/米軍基地にNO!を言うのは
日本の独立を口にするような暴挙に近い。
トモダチを自称するアメリカには悪いけど
暴挙でけっこう。
プライドを持ってNO!と言いたい。
フレーズが石原(知事』の真似みたいなのが少し癪ではありますが。

アメリカ生まれの音楽その他のポップカルチャーに
どっぷり浸かって育って来た身には
いささかつらい状況だが仕方ない。
これとて今に始まったことでもなく
皆多かれ少なかれそんな具合に引き裂かれて生きているのだから。
[PR]
by miracle-mule | 2012-07-04 11:41 | day after day
<< 脱プラナリア さよなら朝日 >>