スコット・エンゲル・ハート



一瞬後ろ姿の主体の姿が垣間見えるばかりの画像が想起せせるのは
駆けつける探偵にいつも一歩先んじて関係者を殺害し
残り香だけを残していく殺人者を隠れた主役に戴いた
ミッキー・ローク主演のアラン・パーカー・フィルム”エンゼル・ハート”。
大好きなもの同士が自然とつながるこの不思議。
といいたいところなのだが好きだからつい繋げて考えてしまう
単なる手前みそ。

swallowさん、もし国内盤買ったら、ライナーと歌詞カード
見せてくださいませね。
[PR]
by miracle-mule | 2012-10-13 02:44 | ノート
<< バター・チキンとナン 新音楽誌ERISのご紹介 >>