カエターノが恋しい夜



深まる秋。
カエターノの歌声が恋しい夜。
選んで聴くのは粋な男ぶりが匂い立つような滴るような
90年代のカエターノ。
その声、仕種、目配せに
ドキリとするのは女性ばかりではないはずだ。
94年の奇蹟の一枚"Fina Estampa"より
ジャキス・モレレンバウムのチェロの響きも心震わせる
"Pecado"。
[PR]
by miracle-mule | 2012-10-24 19:59 | ノート
<< 伊藤ゴロー、ソロ・ライヴへのご案内 バター・チキンとナン >>