ウィリーの奇蹟、ダニーの魔法

c0131206_12234153.jpg














ウィリー・ネルソン/テアトロ
Willie Nelson /Teatro

梅雨のさなか重苦しい天気が続き気分も沈みがち。
あまり快活な曲はかえって滑りやすく
秋から冬場にかけてよく聴く
アイルランドの音楽やウィリー・ネルソンに接する機会が多くなりました。
94年にダニエル・ラノワが制作した本作においても
その歌声の美しさは少しも損なわれることのないまま
年輪を加え滋味を増していて
なんだかつぶやかれる奇蹟のように心にしみいって来ます。
天性の美声故に安易な企画もののスタンダード・カヴァー・アルバムでも
そこそこのものを作ってしまうのが難であり悪い癖でもあるのですが
北国のひとダニエル・ラノワならではの
透き通って張りつめた冷たい空気感や雪深い山の静けさと
ウィリーの歌声の暖炉に燃える火のような温かさとがあいまって
音のタブローにえも言われぬ奥行きが作り出されています。
さらにフレンチ・カナディアンであるラノワには近しいはずのケイジャンや
カリブへの玄関口にあたるニュー・オーリンズ経由のラテンの香りが
隠し味に使われてほのかな希望の彩りを添えています。
78年に”スターダスト”で始めて耳にした時には
すでに老人に見えたウィリーですがあれから30年、
いったい齢お幾つとなりしか。
話題の映画”ホッテスト・ステイト”や”アイム・ノット・ゼア”でも
変わらぬ歌声を聴かせています。
まだまだ元気。
この三つ編み、美しい老人ぶりです。

c0131206_1230315.jpg
[PR]
by miracle-mule | 2008-06-27 02:47 | アーカイヴス
<< 新着案内/ジャジー・ノット・ジャズ ダン・ペン >>