<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

貸し出し記録から

c0131206_0131662.jpg
この一週間に貸し出されたひとたち。

シュガー・ベイブ
Walker Brothers
Pink Floyd
Roxy Music
Eagles
Jack Johnson
Kenny Burrell
Wes Montgomery
Little Walter
Lightnin Hopkins

ジャック・ジョンソンからライトニンまで
ロックありジャズありブルースあり。
なかなか多岐にわたっていて楽しいリスト。
ブルースを借り出したのは若い男性で
RoxyとWalker Brothersは以前若かった女性の方々。
皆さんそれなりに楽しまれ大いに懐かしがられた様子。
こちらも本望です。
まだ出番のないバッハもラテンもカッワーリーも
準備万端いつでも行けると申しております。
ご利用くださいませ。
[PR]
by miracle-mule | 2011-02-26 12:38 | day after day

神無き時代の祈りの歌

c0131206_0355291.jpg
Soul Diet 1
Wailing Wall / Todd Rundgren
Magic Mirror/Leon Russell
The Weight / The Band
Hejira / Joni Mitchell
Richard Pryor Addresses A Tearful Nation/ Joe Henry
Farmer In The City / Scott Walker
Small Metal Gods / David Sylvian
Flétta/ Antony & The Johnsons
Tom Traubert's Blues / Tom Waits
Hustler's Tango / Lewis Furey
My Grandmother's Funeral / Peter Ivers
Keep On Trippin' / Curtis Mayfield
Goodbye Lucille #1/ Prefab Sprout
A Love So Beautiful / Roy Orbison
This Is For You / Mick Ronson
Thank You For Your Love/ Antony & The Johnsons
Hello It's Me / Lou Reed & John Cale
Another Green World / Brian Eno
c0131206_0365578.jpg
天上の調べと煉獄のバラードと地獄の砂糖菓子。
ひと巡りするとでっぷり肥大した自我にかすかに電流が走る
そんなリストです。
[PR]
by miracle-mule | 2011-02-22 01:58 | プレイリスト

二月の夜会、無事終了しました

c0131206_0152043.jpg
miracle-mule とweekend books の夜営業無事に終了しました。
makani cafe のロールキャベツは早々に完売したし
遠くは山梨からみえたお客様もあって賑やかかつ温かな時間が流れておりました。
c0131206_0254100.jpg
つむじ風食堂にでもなった気分。
できることなら毎日やりたいです。
来店いただいたお客様、来館ただいた利用者の皆様ありがとうございました。
来月はまた趣向を凝らして楽しくやります。
[PR]
by miracle-mule | 2011-02-17 00:38 | weekend books

Book Bar

来週16日水曜日のmiracle-muleとweekend booksは
当人たちが誰より楽しみにしている夜営業。
c0131206_135454.jpg
c0131206_1163220.jpg
c0131206_143080.jpg
c0131206_145517.jpg
c0131206_151140.jpg
夕方6時から9時くらいまでゆるーくやります。
お酒は出せないけど
コーヒーとカフェオレとmakani cafeのあったかロール・キャベツを用意して
キャンドルとハートに火を灯してお待ちしています。
[PR]
by miracle-mule | 2011-02-10 01:12 | weekend books

Soul Diet



いつも口からでまかせをを言ってヘラヘラしているHが
何故かまじめな顔をして奥さんに語ったとされる話。

心は自分の持ちものだけど魂は借りものだから
時期が来たら返さなくちゃならない。
元通りのピュアなかたちでね。
それには魂をくるんでいる心を汚したままにしておかないで
埃を払ってきれいにきれいに磨きあげておく必要がある。
その汚れは魂にも染みてしまうから。
そのための方法をいろんな宗教が考えて来てくれたのだろうけれど
信仰を持たない自分はどうしていいかわからない。
ただ、自分の上位に何かを据えて祈ることには自分を小さくして行く
肥え太った自己愛の脂肪を取り去る働きがあることは知っている。
グレン・グールドのバッハやスコット・ウォーカーの歌声が
祈りを離陸させる滑走路として
祈りの航路を照らす灯台として
この上ないものだということも。
そして小島一郎の遺した津軽の風景に
スコット・ウォーカーの"Farmer in the City"を合わせたこの作品が
祈る者を映す鏡であり励ましを送る伴奏者でありうることも。

根拠のしれない眉唾な話ではあるけれど
信じたい気がしないでもない。
[PR]
by miracle-mule | 2011-02-04 02:18 | day after day