<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

届いた言葉から

言いたくてうまく言えなかったことが
容易に人に届く言葉に置き換えられていて
しばらくうなずき通しでした。
少し長くなりますが
23日の読売新聞文化欄に寄せられた赤坂憲雄さん(日本思想史、民俗学)の一文からの抜粋です。

..しだいに、被災地の消息が明らかになる。
「壊滅」という言葉が踊る。
やっとのことで生き延びた人々のあくまでも静謐な語りに触れる。
けっしてパニックなど起こらない。
東北の人々は黙って、何もかも引き受ける。
どれほど寸断されても、コミュニティが生きている。
東北の村々は地震や津波、冷害やキガチ(飢饉)によって繰り返し壊滅しながら、あらたに村を起こし、さまざまな縁に結ばれたコミュニティを再興してきたのである。
東北はやさしく、寡黙で、禁欲的だ。
その東北が、日本が厳しく試されている。

..巨大なできごとが起こっている。
東北は変わる。日本も大きく変わる。
どのように変わるのかを語るのはむずかしいが、変わらざるをえない。
わたしたちは幸か不幸か、きっと、地球の未来図を先取りするようにいま・ここに生かされているのである。
いまこそ東北ルネサンスについて語らねばならない。
ここでの復興とはしかし、元に復することではない。
未知なる地平へと踏み出すことだ。
たとえば、東北から、新たな人と自然を繋ぐ世界観を創ることだ。
そのためにこそ、人としての身の丈に合った暮らしの知恵や技を、民俗知として復権させねばならない。
人智が制御しえぬものに未来を託すことはできない。
..静かに覚悟を固めよう。それぞれの胸のうちで。
歩み出さねばならない。

今後の東北学の動向から目が話せない。
[PR]
by miracle-mule | 2011-03-27 02:30 | day after day

納めて来ました

c0131206_136392.jpg
震災から二週間、義援金募金のお願いから十一日の昨日、
お預かりした浄財を7−11の募金箱に納めてきました。
これまでにmiracle-muleとweekend booksで
皆様からお預かりした総額は5550円。
僕たちも参加させていただき
これに4450円加えて一万円とし募金して参りました。
ご協力ありがとうございました。
もうしばらく続けます。
引き続きご支援いただきますようお願いいたします。
        音楽図書館 miracle -mule
追記、
7−11本部に確認しました。
お預かりした義援金は各自治体の災害対策本部を通じて
被災者の皆様のために役立てていただきます。
[PR]
by miracle-mule | 2011-03-26 02:02 | day after day

Fear of Music

Soul Diet 2
c0131206_083460.jpg
Simple Twist Of Fate / Bob Dylan
Tender Is Night / Bryan Ferry
Zebulon / Rufus Wainwright  
The Great White Ocean / Antony & The Johnsons
Letters That Cross In The Mail / Rupert Holmes
Love and Mercy / Brian Wilson
House At Pooh Corner / The Nitty Gritty Dirt Band 
Dark End Of The Street / Ry Cooder
Floratone / Floratone(Bill Frisell)
The Great Below / Nine Inch Nails
Twin Peaks Theme / Angelo Badalamenti(Twin Peaks/Soundtrack)
Aladdin Sane / David Bowie
Coney Island Baby / Lou Reed
Telepresence ( Make the Metal Scream ) / T-Bone Burnett
America / Simon & Garfunkel
(The Gift Of Sound) Where The Sun Never Goes Down / David Byrne(The Knee Plays)
Queen Of The Slipstream / Van Morrison
Bach (JS): Goldberg Variations - Var. 31: Aria Da Capo / Glenn Gould

相次ぐこの世のこととも思えない出来事は
それでもこの世でしか起こりえない出来事で..
何を予感して祈りの歌(ごく個人的な)を拾っていたわけではないのだが
不気味な曲も多いこの曲集、正直とても心休まる。
祈りと畏れと安らぎの三角形について考える。
ほとんど何の答えも見つからないけれども。
[PR]
by miracle-mule | 2011-03-25 00:38 | day after day

レモンマーマレード・ストライクス・バック

c0131206_0415324.jpg
昨日よりweekend booksにて義援金つきレモンマーマレード販売開始。です。
前回大好評をだったyasさんの手作りレモンマーマレードがひとつ650円。
売価のうち200円を震災の義援金にあてさせていただきます。
お預かりした浄財はmiracle-muleに寄せられた分と一緒に
7−11を通じて被災地で役立てていただきます。
昨日はおかげさまで10個も売れました。
残り13個です。お早めに。
これ、募金を別にしても心底お薦めの絶品です。
試食もできます。
未体験ゾーンの美味しさをお試しくださいませ。
c0131206_1141160.jpg
お店の前のあんずのつぼみがほころび始めました。
今年もおいしい実をつけるかな。
もうじき見頃。愛でてやってくだされ。
[PR]
by miracle-mule | 2011-03-20 01:23 | ニューズ

義援金募金のお知らせ 

c0131206_2181560.jpg
自分にできることは何だろうと
大災害の映像を繰り返し見ながら考えていましたが
お金を送ることと祈ることの他できることはなさそうだ。
ということで
明日より三月末日までCD貸し出しの際義援金を募ることにいたしました。
一度の貸し出しにつき300円。
それ以上でももちろんかまいません。
7-11を通じて被災地で役立たせていただきます。
貸し出し枚数の上限は通常二枚となっていますが
期間中は店頭での貸し出しに限り三枚上乗せして五枚までとします。

被災したみなさんの大変な不幸を目の当たりにして
僕たちの気持ちも一気に塞ぎ込んでしまいましたが
そのことは彼らを応援するのは彼らのためばかりでなく
自分たち自身を力付けること意味しているように思えます。
是非是非ご協力くださいませ。

音楽図書館 miracle-mule
静岡県沼津市大岡509−1 weekend books 内
055−951−4102
fab.fab@ny.thn.ne.jp
[PR]
by miracle-mule | 2011-03-14 03:35 | day after day

エスペランザ・スポルディング



自分は普段あんまりジャズは聴かないし
ジャズ・ヴォーカルとなると絶無的に縁がないのだけど
来日公演の新聞記事にノセられてYou Tubeでチェックして驚いた。
才能の放電する音がバチバチ聴こえて来そうだし。
これが弾き語りの歌とベース?
ベースに転向した矢野顕子みたい。
さらにさらにその容姿と仕種の愛らしさ。
こんなきれいなひともいるんだなあ。
世の中広いなあ。
いやあ、いい世の中だなあ。
耳に幸、眼に福。
黙ってにファンになりました。

素顔をこんな感じ
[PR]
by miracle-mule | 2011-03-09 21:50 | ノート

ナツメロの指紋1

マッシュ・マッカーン / 霧の中の二人
Mashmakhan / As the Years Go by

時代を超えて生き続ける名曲が失ってしまう時代の香りを
何より色濃く保存しているのは
時代を超えることもできず
かといって地下に潜ってカルト的信仰を集めることも叶わず
変化の波にあっさり呑まれて消えて行った一発屋たちの
忘れられたヒット曲ではなかろうか。
記憶の彼方に埋もれて忘れていたことさえ忘れていた曲との再会は
釣り上げられる魚が踊りながら魚影を現すようにゆらゆらかつダイナミックに
その時代の自分のこころ持ちを照らし出す。ような気がする。

必要以上に重々しい出だしに続いて現れる
思わず膝が折れるようなヘタレなオルガンがまず印象的。
当時けっこうクールだと思われたヴォーカルもまあもったいぶってるだけでした。
と、褒めたくても褒め言葉に窮する曲とバンドの
このトロくさいメロディとアカ抜けない雰囲気こそは
今この時代に真似したくてもどうにも真似しようのない
70年代のキモのひとつだという気が強くする。
まあ誰も真似したくないとは思うけど。
激動の60年代とバブルに踊った80年代に挟まれて
いまひとつ影が薄く定まった形の見えにくい
70年代の気分がよくあぶり出されていて
広い意味で好きな曲であります。

”栄光のロック&ポップス・ベストコレクション vol,2”に収録。
[PR]
by miracle-mule | 2011-03-02 22:02 | ノート