<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Glashaus

c0131206_1411895.jpg

伊藤ゴロー / Glashaus

絶品です。
tico moonのおふたりがおっしゃってらした通り。
ギターの、ベースの、チェロの、ストリングスの、
磨き抜かれた響きと和声の滴るような美しさ。
喩えて言うなら、世界でいちばん美しい曇り空。
アルバム・カヴァーの装幀は平出隆。
平出さんのおぼろな影絵のような著書”葉書でドナルド・エヴァンズに”と同じ
静けさの音が聴こえて来ます。

c0131206_2153787.jpg

CDと本、どちらもweekend booksに入荷しています。
伊藤ゴロー氏本人によるGlashaus 特設サイトはこちら
[PR]
by miracle-mule | 2012-04-25 02:12 | weekend books

本棚の前の演奏会

c0131206_2491868.jpg

tico moon ”本棚の前の演奏会”無事に終了いたしました。
静かに穏やかに圧倒されました。
その心地良い驚きが会場の皆に共有されたのが
ビリビリと伝わって来て震えしまった。
おかげさまで特別な一夜になりました。
雨の中おいでいただいたお客様、
tico moon の影山さん、友加さん、
どうもありがとうございました。
なおちゃん、まいまいちゃん、
完璧なフォロー、感謝しきれません。
あの場の誕生に関われたことを誇りに思います。
                      weekend books 駐車場担当。
p.s.
秋のirodoriさんでのライヴ、切に切に実現希望!!


[PR]
by miracle-mule | 2012-04-23 02:51 | weekend books

リボン



リボン・ヘルムの重みのあるドラムと無骨な歌声は
ロック・バンドの中のロック・バンド「 The Band」の
中心であり華だった。
最も多く聴いたバンドの華だった。
そのリボンが亡くなった。
七十一歳。
人の一生って短い。
ちょっと長い刹那みたいなもんだ。
そのうちに自分たちパンク/ニューウェイヴ世代の番が来る。
もう早死にとも夭折とも言われない
他の世代がそれなりに納得する年齢で。
自分たちだけが納得できないんだろうなあ、きっとその時。
[PR]
by miracle-mule | 2012-04-21 12:54 | ノート

マイルス&デイヴィス



あいかわらずジャズというかマイルス漬けの日々です。
自分は音楽理論にはまったく疎いので
曲をコードやモードや律動で分析することはまったくできず
CDを聴いていてもそのあらかたは理解できないから
わかんないー!と叫ぶ毎日。       
それでもはずしながらも音階を追い
ノリ遅れながらポリリズムの拍子を取りしていると
奇跡的にどうしようもなく幸せな数小節に曲のどこかで巡り会う。
こんなあらかじめ予告された幸せな事故を心待ちにしているような心持ちが
マイルスを聴くという慣れない行いの真ん中にあります。
でも考えてみれば十代半ばにロック/ポップスを聴き始めた当時も
ワクワクと自信なさがないまぜになったような
豊かな深い森に迷い込んだような
こんな気分だった気がする。
[PR]
by miracle-mule | 2012-04-19 00:58 | ノート

坂道のアポロン



1966年佐世保。
高校生のジャズと恋。だって。
今日からかと思って楽しみにしていたら
静岡ローカルは来週からだって。
キー曲はただ今放映中ですね。
録画予約しました。
(奥さんがしてくれました。僕はちょっとできない。はは..)
[PR]
by miracle-mule | 2012-04-13 00:50 | day after day

四月四日

c0131206_2261045.jpg

一昨日の火曜日は愛猫こじろう君の○転換手術。
三月三日と五月五日に挟まれたこの日はオカマの日だって。
狙ったわけじゃないのにハマリ過ぎだわ。
これからは道なき道をを歩んで行くんだね、こじ..
[PR]
by miracle-mule | 2012-04-06 02:26 | day after day