<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

weekend books の伊藤ゴロー

c0131206_1165561.jpg


伊藤ゴローさんのweekend booksでのソロ・ライヴが決定しました。
11月25日(日)17時会場 18時開演 です。

からだとハートの隅々までその音を一音残らず染み渡らせたいと思わずにいられない
傑作Glashausをこの四月にリリースした伊藤ゴローさんをweekend booksにお迎えして
”伊藤ゴロー 本棚の前の演奏会”を行います。
楽しみにしてくださいませ。
売り切れ必至だよ。
ご予約はお早めに。
詳しくはこちら へどうぞ。
[PR]
by miracle-mule | 2012-08-27 01:42 | weekend books

記憶をめぐる冒険

c0131206_2154977.jpg

村上春樹の”羊をめぐる冒険”を読み終えたところ。
おもしろくておもしろくて。
82年に初めて読んでから多分十回くらいは読んでるはずなんだけど
毎度毎度見事におもしろい。
人並みはずれた爆発的な忘却力がきれいに記憶を消し去ってくれるから
何度読んでも新鮮さが失われることもなく謎も謎のまま。
でも新しい発見もあって興奮もしました。
そうかそうか、これって村上版の”長いお別れ”だったんだ。
(映画の”ロンググッドバイ”もよかったなあ。
エリオット・グールドってチャーミングだったよなあ)
鼠はテリー・レノックスだったんだ、ふむふむ。
ふむふむって頷いたところで思い出すことがあった。
ここ数年読み返す度に”長いお別れ”だ、
テリー・レノックスだって発見しては叫んでたことを。
そういえばもうすでに粗筋さえおぼろに霞んできた気がする。

忘却力がめきめき身に付く3つの習慣、お教えします。
はは..
[PR]
by miracle-mule | 2012-08-22 02:13 | day after day

あこがれとしての



大貫妙子 / Aventure

ある時代との
青春期との
季節との
希望との別れ。
オマージュとしての
自立としての別れ。
映画や本を通して大貫妙子の中に流れ込み育まれた
「あこがれとしての別れ」の物語。
こういう世界をこの時代に継承しているひとっているのだろうか。
いるのなら是非聴いてみたいな。

81年のリリース当時すでに時代遅れでミスマッチに思えたホーンを多用した前田憲雄のアレンジが今カラフル、ゴージャスで
才気を爆発させていた加藤和彦や坂本龍一のそれに
負けず劣らず小粋に聴こえる時の流れの不思議。
[PR]
by miracle-mule | 2012-08-02 00:15 | アーカイヴス