<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7 Days in Havana


およそ一年ぶりに映画館に行ってからirodoriさんへ。
今日は遅いですねと問われ、映画を観て来たと答えたら
一斉に”レ・ミゼラブル”?
そんなに凄い人気なの?
残念ながら観て来たのは
ハバナの一週間を月曜から日曜まで日ごとに異なる監督が演出した
オムニバス”7 デイズ・イン・ハバナ”でした。
これがなんとも言葉を失うようなシーンの連続で
二時間というそれほど短くないはずの時間があっという間に過ぎた。
とても沢山の人物が登場するのだが主役はやっぱりハバナの街。
スペイン統治時代の建物、革命前の古いアメ車、ヘテロとホモとバイ、
入り組んだ人種、キリスト教とサンテリア、
政治と経済のシステムとそのカウンター・システムと
そこで生きる人々の織りなす人間模様の光と闇の奥深さ。
そして全編を通じてこちらの耳とハートを羽交い締めにする
伝統音楽ソン・モントーノと台頭するストリート・ミュージック。
ああ、いいものを見せてもらった。
サントラはないみたいなのでしばらくは手持ちの在庫でラテン三昧。
(でもやっぱり映画館ではフィルム上映してほしいです)
[PR]
by miracle-mule | 2013-01-30 22:04 | day after day

Fole(フォーレ)

みずほグループの会報誌「 Fole」二月号の
最新「大人の書店」という特集で
weekend booksをとり上げていただきました。
みずほ銀行に御用の方御用のない方ぜひご覧くださいませ。
大人の書店だって!はは..

http://instagram.com/p/U2YVfwzhOu/
[PR]
by miracle-mule | 2013-01-24 12:34 | weekend books

文学の旅、音楽の旅



旅行の目的は(ほとんど)すべての場合ー
パラドキシカルな言い方ではあるけれどー
出発点に戻ってくることにあります。
小説を書くのもそれと同じで、
たとえどれだけ遠いところに行っても
深い場所に行っても
書き終えたときには
もとの出発点に戻ってこなくてはならない。
それが我々の到達点です。
しかしわれわれが戻ってきた出発点は
我々が出て行ったときの出発点ではない。
風景は同じ、人の顔ぶれも同じ、
そこに置かれているものも同じなわけです。
しかし何かが大きく違ってしまっている。
そのことを我々は発見するわけです。
その違いを確認することもまた
旅をすることの目的のひとつです。

村上春樹のインタビュー集にあるこの一節を
スコット・ウォーカーの音楽の旅に重ねて読んだ。
そしてスコットの音楽を聴くという行為にも。
スコット・ウォーカー、70歳おめでとう。
[PR]
by miracle-mule | 2013-01-16 05:16 | 新着CD

新年おめでとうございます

なんとなく明けてしまった感のある2013年。
風は強いけれどまずまずのお天気に恵まれ
You Tube などだらだら見ながら
のんびりしています。
おとそ気分の抜けないこの時期は
脳を通さなくても聴ける
プラナリアでも楽しめる
こういう曲が案外フィットするなあ。
77年頃かな、よく聴きました。
Alessiのセカンドから



ことしもよろしくお願いいたします。
[PR]
by miracle-mule | 2013-01-03 01:58 | ノート