国道一号線

近くの田んぼはすっかり稲刈りも済んで
あたりには藁のにおいが漂っていて
年を追うごとこのにおいに引き寄せられていることに気づく。
箱根を超えたら静岡まではここが唯一の田園風景なんだけど
年々縮んでいく田んぼ。
あたりまえの光景はいつもふいに姿を消す。
来年もここでこの景色が見られるのかどうか..

c0131206_235592.jpg
[PR]
by miracle-mule | 2008-10-31 02:13 | 街のバロック
<< 新着案内/かそけき光の差すところ ポートランドの青年 >>