ワンダ−3

近所の個人経営の小さなガソリン・スタンドが閉店して
更地になったその跡地。
スタンドの経営者らしきおじいさんが
移動販売車でみかんを販売しています。
50を過ぎた自分の子ども時分にはすでに珍しかった
三輪自動車が骨董趣味ではなくバリバリ現役の働き手でいる様には
ぐっと来るものがありますが
それはそれとしてもの持ちが良いにも程がありましょう。
大抵のものがやって来るとじきに壊れるわが家とどこがどう違うのか
一度訊いてみたいです。
みかんの旗も涙を絞りますね。
エスパルスも知(恵)と汗と涙を絞ってがんばれ!

c0131206_1585549.jpg
[PR]
by miracle-mule | 2009-02-24 02:07 | 街のバロック
<< 新着案内/サウダージ・アメリカーナ  時代遅れ >>