石とガラスと貝殻と

c0131206_23552123.jpg














石のことが気になる。
自身は安定していて動かず変わらずなのに
周囲を動かし変容させてしまう結晶というものが持っている
薬のようで毒のようで
空っぽのようで世界が折り畳まれているようで
なんというか静的なのに劇的な
小川洋子的な感じにどうにも抗うことができない。
貝殻やガラス玉も同様で目下気になってしかたないのが
昔六本木WAVEの一階で売られていた
仏蘭西あたり怪しい物語がいろいろ詰まっていたであろう濃い青の瓶。
ま、化粧品が入っていたのだろうけれど。

これはディアゴスティーニの”地球の鉱物コレクション21巻”についてた
ラピスラズリ。
ラズリは青の意だそうでイタリア代表のユニフォームのアズーリの仲間みたいです。
[PR]
by miracle-mule | 2009-04-12 00:00 | day after day
<< チンピラ 新着案内/運命のひとひねり >>