ハリー・細野氏の無口な太鼓

c0131206_1202562.jpg














久保田麻琴と夕焼け楽団/ハワイ・チャンプルー

ニュー・ウェイヴ風味のサンセッツもかっこよいけれど
今の時代によりフィットするのはサンセッツのもうひとつ前の夕焼け楽団。
ハワイ、メキシコ、ニュー・オーリンズ、沖縄が絶妙にブレンドされて
湿った空気の中を乾いた風が通り抜ける細野晴臣プロデュースのチャンキー(チャンコ、ファンキー)ミュージックは
蒸し暑い夏に向かうこの時期ことのほか心地良い。
よく転がるピアノ、ドリーミーなペダル・スティール、
音楽が調子の良い割に寡黙で穏やかでまろやかなヴォーカル、
でもってとどめは細野さんの無口なドラム。
波の音を聴きながら椰子の木陰で居眠りする(気分に浸る)には最適な75年の快作。
今はプロデューサーとして名高いけれど久保田麻琴は歌い手としてもホント素晴らしい。
[PR]
by miracle-mule | 2009-06-24 02:02 | アーカイヴス
<< 本に呑まれて その9/スグカエレ 古雑誌、70年代のローリング・... >>