ジョー・ヘンリーの夢想



Joe Henry / Reverie
ジョー・ヘンリー / リヴェリー

音数こそ少ないもののどこまでもドラマティックに鳴るピアノ。
リズムのキープを半ばベースにまかせたパーカッシッシヴなドラム。
そしてヴォーカルに込められた息苦しいほど過剰なエモーション。
作品との間に適正な距離を置くスタンスを避けて
作品世界にどっぷり身を浸すようなプロダクションは
曲の良さを少なからず減じているように思える。
が、これが好きで好きでたまらない。
この録音の中の何がこれらの瑕疵を引き受けた上で
他を圧するような輝きを放つのか
未だによくわからままもう三ヶ月休まずに毎日聴いている
僕の2011年のNo.1です。
[PR]
by miracle-mule | 2012-01-10 00:26 | 新着CD
<< マイルスのヴォコーダー 街の灯り >>