miracle-mule 近影

c0131206_16458.jpg

このところ棚のひとつは面置きにしてこんな塩梅になっています。
右向き左向きのポートレイトを中心に
雰囲気のある
というか憂いに満ちた
というかもったいぶった
とまあどうとでもとれるカヴァーを選んで展示しています。
どれもこれも思い入れたっぷりな作品で
真剣に聴き始めたら今さらでも一年かかりそう。
時間を気にせずどっぷり浸かれる日々が早く来ないかな。
個人的に今月は先月のスタン・キャンベルの後を受けて
TTDリヴァイヴァル月間。
溢れ出る才能が痛々しいくらい。


[PR]
by miracle-mule | 2012-09-11 01:41 | day after day
<< 余はいかにして洗車夫となりしか グリーンドアの向こう側 >>