隣の野生

これは電線の写真ではなくして
”ひゅーるる”という声を耳にして見上げたら
高いところでくるりとしていた町中トンビのカップル。

c0131206_21192051.jpg















過日の電線のトンビにはさすがに驚いたのだけれども
これは近頃では珍しくもなくなった電線の白鷺。
なで肩。

c0131206_21263254.jpg















国道一号線を横切って青鷺が飛び
近くの側溝を鴨が行くのを見るにつけ
そういえば鳥の世界は
ひとのすぐ近くにある唯一の野生であったなあと
当たり前のことに思いをいたす秋口の休日、ふふ。
[PR]
by miracle-mule | 2008-09-13 21:50 | 街のバロック
<< 新着案内/こんな夢を見た 新着案内/白秋の影と光 >>